スキルチェックの内容

スキルチェックの内容

派遣登録の際に一番不安に感じるのがスキルチェックですね。「どんなテストが行われるだろう」とか、「難しかったらどうしよう」と登録日当日までドキドキです。スキルチェックとはいったいどういったものなのでしょうか?

 

☆「一般常識」
漢字の読み書きや、手紙の書き方、電話の応対など、会社員として必要な常識を問われます。会社勤めの経験がある人ならば、まずここで引っかかることはありません。新成人であっても一般常識があれば全く問題ないはずです。心配ならばWEBで配信されている模擬テストを受けてみると良いかもしれませんね。

 

☆「OAチェック」
OAといっても難しいものではなく、ワードやエクセルを使った基本的なOAチェックとなっています。ワードでは、簡単な文章作成。エクセルでは基本的な関数を使った集計表を作ったり、表を整える作業を行ったりします。

 

☆「タイピング」
制限時間内にどれだけ正確な文字を打てるかをチェックします。会社で働く上でパソコン操作は基本となるものなので、ほとんどの派遣会社のスキルチェックに含まれています。

 

専門的な職種を扱う派遣会社の場合は、その職種のスキルチェックも行われます。スキルチェックはドキドキするものですが、成績が悪いからと登録を拒否されることはまずありません。その時点でのスキルを知るためのものなので、それほど気負わなくても大丈夫です。派遣会社で行われるスキルアップ講座や研修を受ければ、自然とスキルも上がっていきます。まずは自分の能力を知るためにも気楽に受けてみましょう。